はじめのページに戻る


 第21回日本顎咬合学会東北支部学術大会


投稿:木村純子

 第21回日本顎咬合学会東北支部学術大会は、平成27年11月15日(日)に福島県郡山市で開催することになりました。今年度は「GPのための総合診療〜一本の歯の保存からはじまるチーム医療〜」というテーマで開催いたします。
 特別講演は、塚原宏泰先生(東京都開業)に「総合的治療を実践するには何が必要なのか?」 という演題でご講演していただきます。塚原先生は歯の保存にこだわった臨床をされており、今回は、患者さんを中心においた総合的治療への取り組みについて、力の問題も含めてお話ししていただきます。総合的治療を実践するには、一定の分野にとらわれず様々なオプションを持って治療に臨まなければなりませんが、塚原先生は口腔外科から補綴治療まで総合的に素晴らしい治療をされていらっしゃるので、今回のご講演から多くのことを学んでいただけると思います。またそれを実践するためには、歯科衛生士や歯科技工士との連携が重要であり、コ・デンタルスタッフの皆様にとっても役立つ内容を沢山聞くことができると思います。
 生体と調和した口腔機能と健康が得られることにより、健康寿命が伸び健やかな生活が送れることを願っております。そのためには、さらにより良い歯科医療を地域社会に提供することが求められていると思います。東北支部学術大会で仲間と共に、さらなるレベルアップを目指した歯科臨床を学ぼうではありませんか。皆様のご参加をお待ちしております。  
                      
                   東北支部支部長 木村純子

2015年9月18日(金)
< 第22回日本顎咬合学会東北支部学術大会 > >>
2016.6.3

はじめのページに戻る


日本顎咬合学会 東北支部


Copyright (c) 日本顎咬合学会 東北支部 All Rights Reserved.